市販品じゃだめなの?ナイトブラと普通のブラジャーの違い | ブラガール

MENU

市販品じゃだめなの?ナイトブラと普通のブラジャーの違い

「使い分けが面倒だから、寝るときも普通のブラジャーをつけてる」という方はいませんか?

 

現在のようにナイトブラが普及するまでは、バストを支える目的で寝るときも日中用のブラをつけているという女性は沢山いました。

 

その名残で今でも24時間ワイヤーブラを付けているという方もいるそうです。けれど、これはバストにとっては大NG!たとえ美胸を保つという目的は同じでも、日中用のワイヤーブラとナイトブラでは役割が大きく異なってくるのです。

 

日中用のワイヤーブラの役割って?

 

まず、普段つけているワイヤーブラの役割をおさらいしておきましょう。ワイヤーブラは、重力でバストが垂れてしまわないように、主にバストの下側を支える役割を持っています。

 

アンダーバストにはきっちりホールドするためのワイヤーが入っており、重力のかかるバストをしっかりと支えます。また、サイドにパワーネットや伸びない生地を使用してワキにお肉が流れるのを防いでいるものが多いです。きゅっと締め付けることで背筋を伸ばし、キレイな姿勢を保つ役割も持っています。

 

 

ナイトブラの役割って?

 

就寝時につけるナイトブラも、キレイなバストを保つという目的はワイヤーブラと同じです。

 

決定的に異なるポイントは、ワイヤーブラが主に身体を起こしているときに使用する目的で作られているのに対して、ナイトブラは寝ているときの身体の状態を想定して作られているという点。そのため、次のようなポイントにこだわって作られています。

 

 

360度様々な方向にかかる重力に対応

 

日中は下方向にのみ重力がかかっていたのに対して、寝ているときは実にさまざまな方向に重力がかかっています。

 

右を下にして寝ていれば右に、左を下にして寝ていれば左に、仰向けで寝れば頭側にも脚側にも、いろいろな方向からバストが引っ張られています。逆さまに置いたボウルの上にプリンを落とせば、どちらに向いて流れていくかわかりませんよね。同じように、どんなに日中綺麗にカップにバストを収めていても、一晩寝るだけで脂肪がすべてワキやお腹に流れて無駄になってしまうこともあるんです。

 

特に日本人は欧米人に比べて乳腺の発達が控えめであるため、脂肪をバストに保つ努力が欠かせません。

 

ナイトブラには、どんな姿勢で寝ていてもバストトップに脂肪を集められるようさまざまな工夫がなされています。下向きにかかる重力のみ想定されたワイヤーブラでは、横や上方向に流れるお肉をホールドすることは難しいのです。

 

質の良い睡眠を邪魔しない適度なホールド感

 

姿勢や見た目を美しく保つための締め付けが好まれる日中用のブラに対して、ナイトブラは睡眠を邪魔しない心地よさが好まれています。どんなにバストメイク効果が高くても、眠れなくて疲れてしまっては美しくありませんし、健康面も心配ですよね。

 

ナイトブラは、流れるお肉をバストに保つための最低限のホールド感は維持しつつ、締め付けを極力減らすような作りになっています。ホールドにはワイヤーを使うのではなく、布の縫い合わせ方を変えるなどの工夫を凝らして作られている商品がほとんど。眠りを邪魔しないので、毎日安心して使うことができますよ。

 

肌にやさしい素材を使用

 

見た目の美しさも問われる日中用のブラに対して、可愛さを保ちつつ肌へのやさしさにもこだわるのもナイトブラの大切な役割です。

 

綺麗なレースとワイヤーで締められた日中用ブラを24時間つけていれば、かゆみや肌荒れを起こすことも。蒸れて汗をかくことで眠りも邪魔されてしまいますよね。

 

ナイトブラは、綿素材のレースを使用したり、レースではなくプリントで可愛らしさを演出するなど肌へのやさしさも工夫されています。24時間ブラジャーをつけることになるからこそ、肌を休める時間を作ることも大切です。優しい素材のナイトブラで、バストメイクしつつもお肌のオフタイムを作ってあげましょう。

 

就寝時のワイヤーブラはバストアップの大敵?!

 

また、就寝時にワイヤーブラをつけているとバストの成長を妨げる危険性もあるんです。
成長ホルモンの分泌が促進される就寝時は、バストを育てる上でとっても大切な時間帯。血液に乗って栄養が運ばれることによって、乳腺が発達する時間でもあります。このときにきついワイヤーブラでバストを締め付けていると、血液の流れが悪くなりバストへの栄養が不足することに。乳腺の発達が阻害され、バストアップからは遠ざかってしまいます。形よく大きなバストを育てるためにも、きついワイヤーブラを寝るときにつけるのは控えましょう。

 

このように、ナイトブラには寝ているときの快適さを追求した機能が沢山盛り込まれています。日中用のワイヤーブラとは役割が全く異なりますので、寝るときブラをつけるなら必ず専用のナイトブラを使用するようにしましょう。

 

ノンワイヤーブラやブラトップじゃダメなの?

 

ワイヤーブラがだめなら、日中用のノンワイヤーブラをつければいいのでは?と考える方もいらっしゃると思います。

 

ノンワイヤーブラは生地も優しく肌あたりの良いものが多いですが、やはり横方向への重力へのサポートがナイトブラに比べると劣っています。

 

また、ヨガやフィットネスなどの運動時の着用を想定されているものも多いので、激しい動きにも対応できるよう締め付けがきつめに作られているものも。ナイトブラに比べると睡眠時の快適さにも差が出ますので、やはり就寝時専用のものを用意することをオススメします。

 

同じ理由で、今流行りのユニクロのブラトップも就寝時には向きません。ワキにパワーネットがついたりと、年々機能が向上しているブラトップ。

 

けれどブラトップも基本的には起きているときの姿勢を想定して作られていますので、寝ているときのバストの流れをすべて支え切ることは出来ないのです。バストを綺麗に保ちたいと考えるのであれば、やはり専用のナイトブラを用意したほうが良いでしょう。

 

就寝時は手間を惜しまずナイトブラを使って

 

このように、「バストのためには寝るときにもブラジャーを付けたほうが良い」という情報だけが広まって、効果の薄いワイヤーブラやブラトップを就寝時に使用してしまうのは大変危険です。

 

バストを美しくするために始めた習慣のはずが、いつの間にかバストの形を悪くしてしまったという悲しい結果につながることもあるのです。

 

新しくナイトブラを購入するのはお金も手間もかかりますが、その効果は数か月後には何倍にもなって自分に返ってきてくれますよ。未来の綺麗なバストのためにも、ぜひ正しいナイトブラを使ってくださいね。