バストアップに必要な筋肉と効果的なトレーニング方法は? | ブラガール

MENU

バストアップに必要な筋肉と効果的なトレーニング方法は?

バストは脂肪で出来ていると思われがち。けれど、ハリのある上向きバストを支えるためには筋力も必要です。バストアップに必要な胸周りの筋肉を鍛えて、効率よくバストアップを進めていきましょう!

 

なぜバストアップに筋肉が必要なの?

 

ボリュームアップのため

 

「柔らかいバストを目指しているのに、筋トレしていたらムキムキになっちゃって逆効果じゃない?」と心配される方もいますが、大丈夫。

 

バストの表面には脂肪がついていますが、実はその奥には「大胸筋」という大きな筋肉が付いています。

 

バストを支える土台のような役割を果たしているので、大胸筋を鍛えてボリュームアップさせることで、結果としてバスト全体のボリュームを出すことにつながるんです。鍛え方さえ気をつければ、表面からムキムキになってしまうようなことはありませんよ。

 

下垂しがちなバストを支えるため

 

また、胸から肩甲骨のワキの部分にかけてついている「小胸筋」、首と胸とをつなぐ「胸鎖乳突筋」などの細かい筋肉も見逃せません。

 

上に向けてバストを吊り上げるような形でついているこれらの筋肉はまさに「天然のブラジャー」です。正しく鍛えておくことによって、バストの垂れやしぼみを防ぐ働きも担ってくれますよ。

 

猫背を防ぎ背中からバストを引き上げる

 

筋力が無いせいで姿勢を保つのが苦しく、ついつい猫背になっちゃう……という女性もいますよね。けれど、実は猫背はバストアップの大敵です。

 

猫背が続くとバストが縮こまり、血流が悪くなったり下向いて垂れてしまったりといった悪影響が出てしまいます。

 

これを防ぐためには、胸周りだけでなく背中を含めたトレーニングに励むことが大切です。

 

例えばリュックを背負って、リュックを軽く下向きに引っ張るとぐいっと胸が上向きに持ち上げられますよね。それと同じように、背中の筋力に張りがあれば、結果としてバストを上向きに支えてくれるんです。

 

首から背中上部にかけてついている「僧帽筋」、その下に広がっている「広背筋」など背中の筋肉を意識したトレーニングを行いましょう。バストアップと合わせてウエストシェイプのための腹筋も行っている方は、背中も鍛えることによって筋力のバランスが維持され、腰痛を防ぐ効果も得ることが出来ますよ。

 

トレーニングで血流アップ

 

また、筋トレするという行為自体もバストアップにはプラスになります。身体を動かすことで血液循環が良くなるので、身体が温まり、バストへも栄養が届きやすくなります。

 

特に普段オフィスワークなどで上半身を動かす習慣のない方は、肩甲骨まわりの動きが悪くなり、周囲の筋肉が凝り固まってしまっている場合も。

 

大豆や鶏肉と言ったバストに良い食べ物を必死で食べても、栄養が届きづらい状態ではその栄養はバストで使われることはありません。トレーニングで筋力をつけることによって、血行の良いぽかぽかバストを維持しておきましょう。

 

バストアップに効果的なトレーニング4つ

 

大胸筋を鍛えるなら「合掌のポーズ」

 

バストの土台となる大胸筋を鍛えるなら、手のひらを胸の前で合わせて押し合う「合掌のポーズ」に取り組みましょう。バストアップエクササイズとしては一番ポピュラーな方法ですね。いつでもどこでも気が付いたときに出来るので、時間が取れない方にも安心です。

 

また、腕立て伏せを頑張りたい!という方は、手をつく位置を肩幅よりも広めにとって行うようにしましょう。そうすることで、より効果的に大胸筋を意識した腕立てを行うことが出来ますよ。

 

 

小胸筋を鍛える「リバースプッシュアップ」

 

小胸筋を鍛える場合、一般的には「リバースプッシュアップ」と呼ばれる逆腕立て伏せが行われます。

 

https://www.youtube.com/watch?v=qR3DhmJrwhw

 

しかし、筋力の少ない女性が取り組むにはちょっときつい印象もありますよね。そんな方はストレッチを行いましょう。小胸筋は普段の猫背や横向き寝などで固まりやすい部位でもありますので、ストレッチで動きをつけてあげるだけでも全く違いますよ。

 

壁に手のひらを当てて、ぐーっと身体を前に押し出すようにして胸全体を開きます。デスクワークで疲れた時や、「合掌のポーズ」を行った後にもオススメのストレッチです。

 

首回りを鍛えて若々しくバストアップ

 

胸筋のストレッチとともに首回りも伸ばしておきましょう。首から鎖骨にかけてついている筋肉を意識しながら、首を後ろ左右にぐーっとゆっくり伸ばしていきます。

 

凝っているな・固まってるなと思う場所があれば、重点的に伸ばしましょう。こうすることで首回りの筋肉が刺激され、若々しくハリのあるバストを目指すことが出来ます。小顔効果や首のしわとり効果もありますので、ぜひ時間を見つけて取り組んでみてくださいね。

 

広背筋を鍛える「バックエクステンション」

 

背中の筋肉を鍛えるなら「バックエクステンション」と呼ばれる背筋運動が効果的です。うつ伏せになって首の後ろに手を当て、弾みをつけずに腰から頭をゆっくりと持ち上げていきます。

 

下ろすときもゆっくりと下ろすことで、背中の筋肉に刺激を与えることが出来ますよ。

 

弾みをつけると腰を痛めますのでお気を付けください。また、腹筋と合わせて行うことで、筋力のバランスが取れ、筋トレによる腰痛を予防することが出来ます。

 

筋トレが辛い方は普段の姿勢から変えていこう

 

このように、筋肉を鍛えることによってもバストアップを目指すことが出来ます。普段あまり身体を動かしていないという方は、マッサージやナイトブラと合わせてぜひ筋トレにも取り組んでみましょう。

 

筋トレが苦手……という方は、姿勢を意識して猫背を改善するだけでも違います。血行が改善され姿勢を維持するための筋力が付き始めるので、継続することで上半身の見た目が驚くほど変わっていきますよ。慣れてきたら、徐々に合掌のポーズなどの負荷の軽いものから始めてみればOKです。

 

ナイトブラが「守りのバストアップ」なら、筋トレはまさに「攻めのバストアップ」です。1日でも早く成果を出したい!という方は、ぜひ筋トレを生活の一部として取り入れてみてくださいね。