バストアップにサプリって効くの?注意したい副作用とおすすめのバストアップ法 | ブラガール

MENU

バストアップにサプリって効くの?注意したい副作用とおすすめのバストアップ法

「バストアップしたい!」そう思い悩んだ時に目にする選択肢で最も多いのが、バストアップサプリです。飲むだけで大きく出来る!なんて書かれてあるのを目にすると、ついつい試したくなってしまいますよね。

 

でも、サプリメントって口に入れるものだから怖いし、実際に飲むだけで大きくなるなんて想像がつかなくて不安…。そんなあなたのために、バストアップサプリを飲むうえで知っておきたいことをまとめました。

 

バストアップサプリに配合されている有効成分は?

 

バストアップに効果があると言われているサプリメントの成分にはどのようなものがあるのでしょうか?代表的なものをご紹介します。

 

プエラリア・ミリフィカ

 

まず、最もポピュラーなバストアップ成分はこちら。「プエラリア」という名称が書かれているサプリを見たことのある方は多いと思います。

 

プエラリアとは、タイに自生するマメ科の植物。イモのようにこぶになった根の部分が有効成分として使われます。成分名で「ガウクルア」と書かれてあるものも、このプエラリアのことを指しています。

 

プエラリアには強いエストロゲン活性成分が含まれており、バストアップだけでなく更年期やホルモン療法などさまざまな分野でその成分が活用されています。しかし、非常に強い作用を持っているため生理不順・ホルモンバランスの乱れなどの副作用も問題視されています。

 

大豆イソフラボン

 

大豆に含まれるイソフラボンにも女性ホルモン様作用があります。プエラリアに比べると作用は穏やか。サプリメントだけでなく、スキンケア用品などにも取り入れられている成分です。

 

ブラックコホシュ

 

ブラックコホシュというのは、北アメリカ原産の、白いねこじゃらしのような花を持つハーブのことです。イソフラボンを豊富に含み、古くから更年期や生理の痛み・トラブルの対処に使われていたことから「女の根」とも呼ばれています。

 

ワイルドヤム

 

ワイルドヤムは別名「メキシコヤマイモ」といい、ハートの葉にヤマイモのような根を持つ植物です。ワイルドヤムに含まれる「ジオゲスニン」という成分は、体内で女性ホルモンのひとつ「プロゲステロン」に似た働きをする作用を持っています。また、微量の植物性エストロゲンも含まれているため、ふたつの女性ホルモンのバランスを整えてくれるという特徴があります。

 

 

このように、バストアップサプリに含まれている成分は、そのほとんどが女性ホルモン様作用を持つものが使われています。胸のふくらみに影響する女性ホルモンに直接働きかけるため、大きな効果も期待することができると言われています。

 

バストアップサプリの落とし穴・副作用の存在

 

強力な作用を持つバストアップサプリですが、同時に気になるのが副作用です。体内で女性ホルモンに働きかける性質をもつサプリメントが影響するのは、残念ながらバストだけではありません。

 

生理周期や気分の変調など、身体の思わぬところに影響を及ぼす事もあることを知っておきましょう。

 

例えばバストアップサプリを飲む前に生理周期が規則的だったという方は、サプリを飲むことでホルモンバランスが変わり、生理周期が乱れる可能性があります。

 

生理周期に合わせてお肌の調子や気分の変化など身体のバランスを保っている女性は多いですよね。生理周期が乱れることによって、イライラや気分の落ち込み・肌荒れ・頭痛など身体にさまざまな変調をきたす可能性もあるのです。

 

特に、身体の他の部分の発達に問題がなかったけれどバストだけが小さい…という方が、ホルモン様作用を持つサプリメントを飲んだからと言ってすぐにバストに変化を実感できるとは考えにくいもの。

 

バストアップサプリを飲んでみたものの副作用だけが出てバストには変化がなかった…。

 

そんな悲しい結果が待っている場合もあるのです。

 

バストアップサプリを飲む前に、自分に本当にサプリメントが最適かどうかについても考えてみましょう。

 

バストアップしたいなら、女性ホルモン以外の部分にも目を向けて

 

サプリで改善できる女性ホルモンの量以外にも、バストサイズに影響をする要因はいくつもあります。

 

姿勢の悪さからくる血行不良

 

猫背気味・スマホばかり見ている・運動不足など、肩回りの運動量の少ない方は、肩甲骨周辺の血行が悪くなりバストが血行不良になっている場合があります。

 

バストを触ってみて冷たく感じる方は要注意!血液循環が悪いためバストに成長するための栄養が十分いきわたらず、大きくならない場合もあるんです。

 

姿勢を正しく保つ・適度な運動をする・肩回りのストレッチを心がけるなど、暖かいバストづくりを心がけましょう。

 

不規則な生活・睡眠不足

 

生活リズムが不規則だったり睡眠時間が不足したりしていると、成長ホルモンがうまく分泌されず乳腺の発達が疎外されている可能性もあります。

 

また、血行やホルモンバランスにも影響する自律神経が乱れることからも、やはり不規則な生活はよくありません。バストのためには規則正しい生活を送ることが欠かせないのです。

 

夜は質の良い睡眠をとり、朝一番に朝日を浴びることで、体内リズムを整えていきましょう。

 

無理なダイエット・栄養不足

 

食事の栄養が不足していてもバストは成長しません。特に無理な食事制限を伴うダイエットなどを続けていると、ビタミンやたんぱく質など必要な栄養素が不足して乳腺が発達しないばかりか、バストを支えるための筋力も衰えてしまいます。

 

さらにリバウンドを繰り返すと脂肪ばかりが増えてしまい、バストではなくお腹にお肉がつくという結果に…。バランスの良い食事を心がけ、身体の健やかな発達を促しましょう。

 

健康的にバストアップしていくためには、姿勢や運動・睡眠や食事など生活の基礎的な部分から整えていくことが大切です。安易なサプリメントに手を出す前に、自分が改善できる点がないか振り返ってみましょう。

 

副作用のないバストアップならナイトブラがおすすめ

 

身体に負担をかけることなくバストアップを行うなら、ナイトブラが欠かせません。ナイトブラとは、夜寝るときにつけるブラジャーのこと。

 

寝るときにブラって必要なの?

 

と思われるかもしれませんが、正しい位置にバストを保ち、靭帯の伸びを防ぐなどメリットは沢山。想像されるほどの締め付け感はなく、バストを気にせずに寝れるため眠りが深くなったという方も多くいらっしゃいます。

 

バストが垂れることによって肩や背中にかかっていた負荷が減るため、血行や姿勢の悪さも改善されますよ。結果的にサプリよりも時間はかかりますが、ホルモンバランスを自然に整えていくことにもつながります。

 

これからバストを成長させたい方も、成長したバストを支えたい方も、今はもうナイトブラが必須の時代。まだ使った事のないかたは、この機会にぜひ挑戦してみてくださいね。